見てて辛い赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘をスッキリさせたい

赤ちゃんの便秘になる理由を知っておこう。

赤ちゃんが便秘になっているのに気づくのは、「昨日はうんちが出ていないから」

と振り返ってみた時に分かることもありますよね。

特に機嫌が悪いこともなく、母乳やミルク、離乳食をきちんと食べられているようでしたら、少し様子を見てもいいと思います。

母乳栄養の場合、ミルクに比べて消化吸収がとても良いそうです。

うんちはある程度たまらないと出ないと言われるようですので、お腹が張ったりしていない場合はそんなに心配しなくてもいいようですね。

溜まってから一気に出す赤ちゃんもいるようです。

その辺りは、赤ちゃんに個人差があるようですので見守っておきたいですね。

食事の内容が便秘に大きなかかわりがあるようです。

便秘が気になるようでしたら、食事日記を書いてみても良いと思います。

赤ちゃんのお世話は何かと忙しくお昼寝の時間に家事をしたりして、お昼寝から起きるとまたお世話をするという繰り返しですよね。

大変さもありますが、食事日記は体調管理にもなります。

後で振り返っても楽しめるものですので便秘対策にやってみても面白そうです。

赤ちゃんの様子で便秘と思われる症状には注意してあげたいと思いますよね。

例えば、ミルクやご飯を食べてはもどすことやミルクを飲まない、ご飯を食べないなどという症状があると、何か異変を訴えているのかもしれませんね。

どこかお腹の調子が良くないサインがあるときはどうにかして排便ができるように促してあげたいですよね。

赤ちゃんの便秘は大きくなるにつれて原因が異なると言われますので知っておきたいです。

生まれたての時は母乳栄養の時は頻繁にうんちをする子もいますよね。

あまりの多さに驚くこともありそうですが、赤ちゃんにとってはよくあることのようです。

少し大きくなってくると離乳食が始まり食べるものが変わってきますので、排便のペースにも変化があります。

だんだん私たちと同じような感じになってきますね。

便秘っぽい症状の時に参考になるのがコチラになります。

赤ちゃんの便秘で悩んだらチェック

授乳回数が減ると排便ペースも変わってくるようですのでいろんな面を探って便秘解消ができるといいですね。